アウルボーイの日記

カシワギマサルを主人公に、武道場の建設経過を書いて来ました。

夏を振り返る

時代小説の文庫本

佐伯泰英デビュー時からフアンだ

サイトで「今年の夏を振り返る」とあり、同期会の開催で想起したことを書きます

現役最後の年だったかな、中学の同期の在京有志が懇親会をやろうと声が掛かり、新宿の会場近くの書店で時間をつぶした。

目についた、「密命ー見参!寒月霞斬り」から既刊分3冊ほど購入したのがきっかけで、佐伯泰英の文庫本シリーズの虜に成りました。

「金杉惣三郎の密命シリーズ」だった。シリーズ物は次回の発売日を予告して、キッチリ発売されるので発売日には、必ず書店経由で帰宅した思い出があります。

何時ごろからか定かではないが、Amazonで取り扱うことを告知され早速エントリーして、書店通いも少なくなったような気がします。

f:id:owlboy2:20190913133403j:plain

佐伯小説の最初の長編小説「密命」は金杉惣三郎の件一筋の人生が、少し偏寄った人生で家族を顧みない部分は感がさせるが、引き付けられる(^^♪ 画像引用:佐伯泰英ウエブサイト


今では、新刊の予告表で予約し、Amazonから定期便のように配送される。

古着屋総兵衛影始末

佐伯さんの、執筆は時代考証を綿密にし徳川時代の表裏をキッチリ描写、鎖国時代に海外密航?ではなく活躍する話がさり気なく出てきたり、奇想天外な話に魅せられる。

 

古着屋シリーズは、江戸時代の初期徳川家康との密約から、江戸の町を荒らす無法者たちを退治する代わりに「隠れ旗本」として、徳川の密偵として支配下に入った。

 当初、西国浪人で同じような盗賊だった「鳶沢成元」は幕府に捕らわれ、命を助ける代わりに無法者一掃を命じられ「影旗本」として「さむらい」としての矜持を賭けた。

表の顔は「大黒屋総兵衛勝頼」で、裏の影の顔は「鳶沢」の総帥として、並み居る旗本とは一線をかくした「家康との密約」が継承された。

 

6台目の総兵衛勝頼が、ベトナムに密航?かと効果は定かでないが、現地に子孫を残し相続する子供が無かった9代目が亡くなり、お家断絶の極みに10代目が海の彼方から漂着、見事に10代目を継ぐ過程は圧巻だ。

f:id:owlboy2:20190913201610p:plain

徳川家康との密約を忠実に果たす「大黒屋総兵衛」は並みの旗本じゃない大きな器でもある(^^♪   画像引用:佐伯泰英ウエブサイトより

居眠り磐根の眠り猫殺法

ユニークな剣術で、相手がイラついて焦れたころに豹変する、坂崎磐音の剣捌きは直新陰流の神髄を秘めて、時の将軍にもお目見えの剣術家だ。

 

最近は、映画やテレビのドラマ化され皆さんもご存じなので多くは控えましょう。

2002に初版され2016ー1月51巻で最終でした。

f:id:owlboy2:20190913211713p:plain

第一巻目は主家に蔓延る上層部に諮られ親友を斬り波乱な人生を歩む、倅の空也は父を見ながらみずから武者修行に旅立つ(^^♪  画像引用:佐伯泰英ウエブサイトより

進行中の「酔いどれ小籐次留書」

小大名の厩番、赤目小籐次が主君が江戸城で受けた屈辱を聞き、大名4家の参勤交代の行列の先頭をゆく御鑓の穂先を切り取り、釈明を迫る奇想天外な話が発端だった。

f:id:owlboy2:20190914150134p:plain

主君の屈辱を晴らさんが為に義勇を発揮したが人生が大きく変わるくらいの波乱万丈な展開になる(^^♪  引用:佐伯泰英ウエブサイトより

大酒飲みの赤目小籐次は、酒で失敗した借りを返すべく「御鑓拝借」を思い立ち、参勤交代の行列から穂先を切り取り、一躍江戸市中のヒーローになる。

酒は飲むが、周りの信頼が厚く面倒見が良いので、武士としてはユニークな「刃物研ぎ」を生業として、尋常な勝負で切った相手の頼みを聞き、その一子駿太郎を預かり育てる。

佐伯泰英さんのファンで、一番の魅力的な主人公は赤目小籐次だ。

年恰好がちょうど同年配で、風采が上がらず「女性からは決して持てないだろう」と、ご本人が言うのだから、本当だろう。

筆者も全く同じ境遇で、好感が持てる。

 

このほか、佐伯作品には数多くのヒーローが登場するが、今回はこの辺で締めます。

写真担当は未だ終わらない!

帰りは初体験の驟雨と駆け引き

帰郷時に必ず買う「最中」を買うため、田舎の道を我慢してひた走り~

大崎古川北町の支店にに辿り着き、重い最中の箱を何個か求めて、古川のICから東北道に入る。

月曜日の高速道路は空いているものと想定して居たが、未だ夏休みのファミリーが多く、混んでいる。

 

この日は予想外に急な俄雨が襲来、栃木IC付近で遭遇、ほんの2~3分で通過するがワイパーを高速にし、速度は50キロ位の超変則運転、何となく落ち着かない。

都心の縦断はを避けて、土曜日に通った圏央道へ「久喜白岡JCT」を右折、しかし天候は山側に沿うこのコースの泣き所、都県境から八王子に掛けては、晴れたり降ったり分刻みで、貰い事故も想定される雨脚だ。

f:id:owlboy2:20190905155457p:plain

ワイパーを高速にしても拭いきれない雨粒がへばりついて、怖いっ!

 

高尾を過ぎて、厚木の看板が見える所で、青空らチラホラ見える。遠くプライムタワーが見えて、ホット一息。

f:id:owlboy2:20190905160139p:plain

前方が少し明るく成ってホット一息(^^♪



都内の渋滞を避けたが、気まぐれな驟雨は想定外だった。出発時のカーナビの到着予告時間より1時間半も早く16時過ぎに到着。

 

帰宅直後から画像と格闘

早速カメラからSDカードを抜き取り、PCにアップ。昭和から平成の初めにかけて、企業戦士とか言われた若者たち??は、頭が薄くなったが意気軒高な姿が微笑ましい(^^♪

 

f:id:owlboy2:20190905215422j:plain

御年は伏せて「東京だよおっかさん」を、しなやかに踊るお二人さん(^^♪

今回、カメラを変えて初めての遠出で、やはり危惧したボデーの重さがテキメンに応えた。欲張って24mmから3000mmまでカバーするには、それなりに重くなる。

 

集合写真やポートレートだけはP1000に任せ、スナップはLUMIX-100にしたが、ライカ系のVARIOーSUMMIUXの切れはストロボ無しで充分だ。

 

予算内でプリント、郵送は可なりきついが偶然にもプリントサイトに受付エラーが発生指摘して、修正分は無料になって約7割分が再プリントで、大いに助かる。

f:id:owlboy2:20190907173826j:plain

桜田屋敷のミニチュア

9月2日14時に発送で、翌日(3日)の午前中にお礼の電話が入ったから、24時間かからずに届けられたようだ。


自分は、画像処理で疲れたが、同行した弟が先週3日位休養して居たようだ、高速の運転はほとんどやって来たのだが、ナビゲーターの方が疲れたようだ。

 

 

 

帰省の本命は同期会

 加護坊山で2泊目

四季彩館を後に、山麓の築250年の「桜田屋敷」と言う古民家を見学した。

 

f:id:owlboy2:20190902113516j:plain

桜田屋敷も8年前の震災で被災し、大改修して屋内に精細な屋敷のミニチュアが展示され居ました、庭先には大きな桔梗が秋を感じさせます(^^♪

 

f:id:owlboy2:20190902211519j:plain

桜田屋敷の母屋の前で、記念の一枚(^^♪

墓参

思い出したように先祖の墓参りに、生まれ在所の墓地に向います。

7人兄弟で辛うじて生き残って居る兄弟2人は、整備された道路を迷いもせず母校の脇を通って、墓地に到着。

昔は、県道も砂利道でいつもぬかるんでいた、墓地も歴史を感じる佇まいだった。
今日の道は舗装されて都会と変わらない、墓地も擁壁が整備され、昔あった自然石に戒名だけだった先祖は、遠い江戸時代の年号で刻まれた墓碑が存在感を示している。

御影石で○○家」の墓と風格があるが、どこの家も同じパターンで、うろうろと探す羽目に~~

 本日の宿泊予定の「公園の中の宿ーロマン館」

f:id:owlboy2:20190902212043p:plain

地域の木材をふんだんに使った温もりのある「ロマン館」(^^♪

 弟は海岸線から夕陽を撮りたいと東の方に、自分は少し早めに「ロマン館」にチェックイン、昨日お世話に為った「さくらの湯」に、浸かり汗を流しました。

 

何十回目かの同期会

地元でまとめ役の幹事も到着、直前の猛暑で熱射病と体調不良で4名の不参加が分かる。自分も同年齢だが、一歩踏み出すまで何かあるか分からないお年頃だ(>-<)

2年毎の集まりが、昨年は風水害の影響でパスし3年目の顔合わせで、仲間内で信望の厚かった友人2人が年末年始に先立ち、黙とうで始まる宴会だったが大いに盛り上がる。

f:id:owlboy2:20190903142623j:plain

幹事さんの指揮棒を無視、近況を確認し合う昭和生まれ(^^♪

踊る人、唄うヒトと、昭和生まれとは信じられないパワーが蘇る。
こんな調子で、16時からの宴会は18時で打ち切り、2次会は和室の仕切りを外して延々21時すぎまで、話しのネタは尽きません。